スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

ランナーのケガは走り過ぎが原因?

category - ランニング
2016/ 11/ 09
                 
b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_s.jpg
膝が痛くなり病院に行くと、決まってこう言われる。

走り過ぎ
太り過ぎ
歳のせい

特に何もされずに、処方されるのも湿布くらいで、最後にまたこう言われる。

走るのを控えて下さい下さい
やせて下さい
歳のせいだからしょうがない

これでは何の解決にもなっていない。

走り過ぎが原因だったら、マラソンランナーはみんな膝が痛くなければならないが、そう言うわけでもない。

痛くなる人と痛くならない人は何が違うのか?

フォーム
柔軟性
筋力
シューズ

他にもあるかもしれません。

フォームは、柔軟性と関係しますし、筋力とも関係します。

柔軟性や筋力が足りなければ、いいフォームで走ることも出来ません。

スポーツ選手でよく使われる身体能力と言う言葉

身体能力が高い人=柔軟性と筋力を携えている人

一般的に運動音痴といわれる人でも、毎日練習してるのにレギュラーになれない人でも身体能力を高めることが出来れば、技術も必ず向上するはず。

優先順位としては、筋力よりも先に柔軟性ですよ。

そうです、背骨と股関節です。



11月から新宿の「整体サロン りらケア」のスペースをお借りして、背骨ストレッチを提供できるようになりました。
背骨ストレッチを予約する


「整体サロンりらケア」へのアクセスはこちら
*「整体サロン りらケア」のサイトでは「背骨ストレッチ」は予約できませんのご注意ください。
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。