スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

反り腰と股関節

category - 腰痛
2016/ 10/ 20
                 
c5e0b9bfda1261cdd7090bc2fc0d2b90_s.jpg
反り腰は骨盤と腰椎の問題ですが、良い姿勢をとるために腰の反りを小さくしようと腹筋を鍛えたりして頑張っても何の意味もありません。

反り腰を生み出した本当の原因は、股関節にあるからです。
反り腰の人の特徴は、ランニングやウィーキングで脚を後ろへ反らせるときに、股関節が動かなくて、腰を反ることで
脚を後ろへ送ります。

股関節が固まって動かいのを腰でカバーしているので、だんだん腰が反ってくるんです。
そりゃ腰も痛くなりますよね。


【反り腰の改善ポイントは、次の3点】

①股関節伸展のストレッチ
注意点は絶対に腰を反ってはいけません。
ただでさえ腰が反りやすいので、体幹の筋肉でしっかり腰椎と骨盤を固定して行いましょう。

②お尻の大殿筋を積極的に使うトレーニング
大殿筋の働きは股関節の伸展と外旋の2つあります。
伸展の柔軟性がまだ不十分な人は、外旋をすることで大殿筋をトレーニングしていきます。
方法は「バレエ立ち」です。

③腰が反らないように体幹のトレーニング
腰が反っている状態は、体幹の筋肉は伸ばされている状態で、全く機能していません。
しっかり筋肉を収縮させて、腰が反らないように固定する必要があります。




11月から新宿の「整体サロン りらケア」のスペースをお借りして、背骨ストレッチを提供できるようになりました。
背骨ストレッチを予約する

「整体サロンりらケア」へのアクセスはこちら
*「整体サロン りらケア」のサイトでは「背骨ストレッチ」は予約できませんのご注意ください。
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。